/

渋谷駅前交差点、大みそか深夜に立ち入り制限

カウントダウン渋滞対策

警視庁は11日、大みそか深夜にJR渋谷駅前(東京・渋谷)のスクランブル交差点周辺で歩行者の立ち入りを制限すると発表した。同駅ハチ公口改札口と一部の地下出入り口も閉鎖する。

例年、新年へのカウントダウンなど年越しを祝う数千人が殺到。歩行者らが交差点内に滞留し、長時間にわたる交通渋滞を引き起こすことから、大みそかとしては初めての交通規制を行う。

31日午後10時ごろから元旦午前2時ごろまで、渋谷・センター街を含むスクランブル交差点や道玄坂下交差点などの周辺を「整理区域」に指定。区域内に用のない人の立ち入りを制限するほか、迂回して駅へ向かうよう促す。交差点の斜め横断も禁止。同庁は数百人を配置し誘導する。

スクランブル交差点周辺では、サッカーワールドカップ(W杯)最終予選で日本代表がW杯出場を決めた6月4日夜にも交通規制を行った。渋谷駅前に集まった若者らを誘導し「DJポリス」と呼ばれた機動隊員らは今回登場しない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン