/

プロ棋士、ソフトに2連勝 囲碁電王戦

プロ棋士らとコンピューター囲碁ソフト「Zen」が対戦する第1回囲碁電王戦は11日、9路盤3番勝負が東京都千代田区の日本棋院で打たれ、張豊猷八段(32)と平田智也三段(19)が共に2連勝で、それぞれZenを破った。

プロ棋士の公式戦は19路盤で打たれるが、今回の対局には盤面が狭い9路盤を使用。互先(ハンディなし)、持ち時間各20分で行われた。

16日には、囲碁愛好家として知られる生活の党の小沢一郎代表が19路盤でZenと対戦するほか、アマチュア強豪の江村棋弘さんが13路盤でZenと3番勝負を行う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン