/

小惑星をキャッチし探査 NASAが新構想

【ワシントン=共同】無人探査機で小惑星をキャッチして地球や月の近くまで移動させ、別の宇宙船に乗った飛行士らがサンプルを採取する――。こんなSF映画のような構想を、米航空宇宙局(NASA)が10日発表した。

2017年ごろに探査機を打ち上げ、早ければ21年に飛行士を小惑星に送る計画。米国は30年代に火星への有人飛行実現を目指しており、そのために開発中のオリオン宇宙船や大型ロケットの性能を試すのが目的だ。

2月にロシア上空で起きた隕石(いんせき)爆発による被害を受け、地球に接近する物体の軌道を変える手段を探るほか、小惑星で有用資源が採掘できないか調べる狙いもある。

目標となる小惑星は未定だが、直径7~10メートル、重さ500トンほどで地球に比較的近いものを探す。太陽電池の電力で推進力を得ることができるエンジンを備えた探査機を開発。柔らかい素材でできた捕獲装置を宇宙空間で展開させ、小惑星をすっぽり包んで地球と月の重力がつり合う位置までゆっくり運ぶ。

飛行士らは宇宙船で接近し、宇宙服を着て船外に出て小惑星に「着陸」。岩石の組成分析やサンプル採取をして地球に帰還する。

隕石や小惑星を地上から監視するためのシステム向上も併せて進める。NASAは構想の実現に向け、14会計年度に約1億ドル(約100億円)の予算を見込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン