2019年1月24日(木)

タイの邦人カメラマン死亡、警視庁も捜査

2010/4/11付
保存
共有
印刷
その他

タイの首都バンコクで反政府派のデモを取材中に銃撃され死亡したロイター通信日本支局のカメラマン、村本博之さん(43)について、警視庁組織犯罪対策2課は12日、刑法の国外犯規定を適用し、殺人などの容疑で捜査する方針を固めた。

捜査関係者によると、村本さんの死因を解明するため日本でも遺体を司法解剖するほか、タイ警察当局の捜査にも協力する。

同規定は、国外で邦人が殺人や誘拐などの重大犯罪に巻き込まれた場合に適用。被害者の国内の住所地を管轄する警察本部が捜査する。これまでに、イラクで日本人外交官2人が銃撃を受け殺害された事件(2003年)や、ミャンマーで反政府デモを取材中の日本人ジャーナリストが射殺された事件(07年)などで適用された。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報