2019年2月19日(火)

みずほ本社で米大使献花 同時テロから10年

2011/9/11付
保存
共有
印刷
その他

2001年9月に発生した米同時テロの発生から10年を迎えた11日、ニューヨーク支店で従業員が犠牲になったみずほフィナンシャルグループ本社(東京・千代田)に同日午前から献花台が設けられ、米国のルース駐日大使も献花に訪れ、犠牲者の冥福を祈った。

米同時テロで犠牲者が出たみずほ本社で献花。ルース米大使も訪問(11日)

米同時テロで犠牲者が出たみずほ本社で献花。ルース米大使も訪問(11日)

同社は毎年献花台を設置しており、テロで犠牲となった日本人の遺族らも訪れた。黒いスーツ姿のルース大使は午前11時前、記念碑が置かれた正面玄関の献花台に、「2001年9月11日に犠牲になった人々のことを、これからもずっと忘れません」とのメッセージを添えた花輪を献花、黙とうした。

ハイジャックされた航空機が衝突して崩壊した世界貿易センタービルに入居していたみずほフィナンシャルグループの前身の富士銀行では、23人が死亡。うち同行のニューヨーク支店で勤務していた日本人行員は12人が犠牲になった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報