/

創業者に懲役4年の判決 アーバンエステート事件

注文住宅販売会社アーバンエステート(破産)の旧経営陣による詐欺事件で、さいたま地裁は10日、詐欺罪などに問われた創業者、永井昭四郎被告(64)に懲役4年(求刑懲役5年)、元営業部長、三井晴子被告(60)に懲役2年8月(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

杉山慎治裁判長は、両被告が経理担当者から経営悪化の報告を受けていたことなどから「倒産を認識しながら担当者に営業を続けさせた結果、被害が生じた」と指摘。「会社が倒産する認識はなかった」との弁護側主張を退けた。

その上で、永井被告が実質的経営者として事件を主導、三井被告も永井被告の右腕として重要な役割を果たしたと認定。「被害人数、金額が多く責任は重大」と述べた。

判決によると、両被告は2009年3月、会社の倒産がほぼ確実であることを認識しながら、顧客20人に「契約書通りの家が建つ」などと持ち掛けて約4900万円をだまし取るなどした。

破産管財人らの調査では、住宅が未完成の約500世帯が支払った前払い金は計約35億円に上り、うち約27億円分は工事が行われていなかったことが判明している。

さいたま地裁では、顧客23人が旧経営陣や従業員に総額約2億2千万円の損害賠償を求めた訴訟が係争中。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません