PC乗っ取り、掲示板の指示で動作 ウイルス解析
トレンドマイクロ、駆除方法も公開

2012/10/11 1:33
保存
共有
印刷
その他

遠隔操作ウイルスに感染したとみられる男性2人のパソコンから犯罪予告メールが送られたとされる問題で、情報セキュリティー大手のトレンドマイクロは10日、ウイルスを解析した。ウイルス攻撃者が書き込んだインターネットの掲示板の指示に従って不正な動作をするタイプだと公表した。

ウイルスは遠隔操作を許す「トロイの木馬」に大別され、その中でも「バックドア(勝手口、裏口)」と呼ぶタイプにあたる。バックドアはその名の通り、攻撃者がパソコンに自由に出入りして操作できるようにする裏口を設ける。

同社によるとウイルスは新種。通常は特定のサーバーを介して攻撃者の指示を受ける。掲示板そのものを削除すれば遠隔操作側の特定は困難になる。

同社は自社のウイルス対策ソフトで検知できるように対応した。感染後の駆除方法も同社のホームページで公開した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]