日本人参加作品にトニー賞 川名さん「ようやくここまで」

2013/6/10付
保存
共有
印刷
その他

米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞(第67回)のミュージカル部門の作品賞は9日、「キンキーブーツ」が選ばれ、同作品にプロデューサーの一人として関わった川名康浩さん(52)が「ようやくここまで来ることができた。本当にうれしい」と喜びを語った。

川名さんのプロデュース作品がトニー賞候補になるのは「エビータ」などに続き3年連続だった。川名さんは「キンキーブーツ」のプロデューサー二十数人のうちの一人。「最後までハラハラしたが、作品名が呼ばれたときは席から跳び上がり、ほかのプロデューサーと抱き合って喜んだ。興奮と喜びでいっぱいでした」と振り返った。

「キンキーブーツ」は英コメディー映画をミュージカルで舞台化。歌を作詞・作曲した米歌手シンディ・ローパーさんがベストスコア賞を受賞し「ブロードウェーありがとう」と涙を浮かべながら謝辞を述べた。

(ニューヨーク=共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]