/

元本部長ら131人処分 石川県警の不正経理

石川県警と警察庁などは10日、約4150万円に上る県警の不正経理に絡み、横山雅之埼玉県警本部長を減給100分の10(1カ月)の懲戒とするなど石川県警の元本部長4人を含めた計131人の処分を発表した。

懲戒処分は横山氏のほかに、宮園司史警視庁生活安全部長、渡辺巧中部管区警察局長、谷直樹警察大学校教務部長の元本部長3人と、元警務部長2人の計5人を戒告とした。防衛省に帰任した別の元警務部長について、警察庁は戒告相当と同省に通知した。

また石川県警では、警務部長や刑事部長らを本部長訓戒、金沢中署長らを本部長注意とした。

県警の内部調査によると、物品の納入と会計処理をめぐり国費では2004~08年度、県費が03~08年度に不正経理が見つかった。「私的流用はなかった」としている。

県警の藤村博之本部長は「再発防止の徹底と県民の信頼回復に努める」とコメントした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン