PC感染源ソフト、「2ちゃんねる」経由で入手か
大阪の男性

2012/10/10 23:42
保存
共有
印刷
その他

遠隔操作ウイルスに感染したとみられる大阪府と三重県の男性2人のパソコン(PC)から犯罪予告メールが送られたとされる問題で、大阪府警に逮捕・起訴された同府吹田市の男性(43)が感染源とみられる無料ソフトをインターネット掲示板「2ちゃんねる」経由でダウンロードしていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

府警捜査1課は何者かが不特定多数へのウイルス感染を狙って誰でも閲覧できる掲示板を悪用したとみて、ウイルス作成者の特定を急いでいる。

捜査関係者によると、男性はパソコンにタイマーなどを設定する機能のあるソフトをダウンロードし、ウイルスに感染したとみられるという。2ちゃんねるに同ソフトを入手できるサイトのアドレスが掲載されており、男性はこのアドレスをクリックして外部サイトに接続し、ダウンロードした。サイトはすでに消去されており、開設者は特定できていない。

一方、三重県警によると、伊勢神宮の爆破予告を書き込んだとして逮捕された津市の男性(28)も2ちゃんねるを経由して写真編集ソフトをダウンロードし、ウイルスに感染した可能性があるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]