/

再生医療研究に1100億円、iPS中心に 文科相表明

下村博文文部科学相は10日、iPS細胞を中心とした再生医療研究に今後10年で1100億円規模の長期的な支援を行う意向を表明した。

iPS細胞の開発でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥京都大教授の表敬訪問を受け、明らかにした。政府はiPS細胞などの先端研究を成長分野として重視しており、支援を強化する。

文科省は2012年度の補正予算案で、京都大を含めた国内の研究機関で行うiPS細胞関連の研究に200億円を要求。このほか再生医療実現に向けた基礎研究に年90億円程度の支援を10年間にわたって続ける方針だ。下村氏は「今まで国も一つの分野にこれだけ支援をすることはなかったのでは」と話し、成果への期待をにじませた。

山中教授はノーベル賞受賞後の記者会見で「いかに継続的なサポートをしていただけるかが非常に大切」との考えを示していた。

10日午後、文科省の大臣室で山中教授を迎えた下村氏は笑顔で受賞を祝福。山中教授は「国からの支援のたまものです」と感謝の言葉を述べた。

下村氏は「国が全面的にバックアップしたい。研究者の先頭に立って頑張って、新分野を開拓していただきたい」と激励した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン