/

電話・訪問販売、4割「不当勧誘あった」 消費者庁調査

商品やサービスに関する電話勧誘と訪問販売を過去1年間に受けた人のうち、4割がしつこく誘うなどの不当な勧誘をされていたことが10日、消費者庁が公表した初の「消費者意識基本調査」で分かった。

調査は悪質商法の被害状況などを把握するために実施。1~2月に15歳以上の1万人を対象にアンケートし、6690人から回答を得た。

過去1年間に頼んでいない商品などの電話勧誘があったのは全体の58%で、訪問販売は30%。このうち電話の44%、訪問の41%で特定商取引法が禁じる不当勧誘があった。具体的には「断っても勧誘を続けた」が最多。「勧誘目的を告げない」「事業者名を言わない」が続いた。

また、商品やサービスで体や財産に被害が生じた人のうち、30%が誰にも相談しなかったと回答、泣き寝入りする傾向も浮き彫りとなった。同庁の阿南久長官は「不当な勧誘の被害に遭うのは高齢者が多く、地域の見守りが重要だ」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン