/

この記事は会員限定です

非常食、味や栄養改善 試作品続々、14日に災害食の学会

[有料会員限定]

災害時に避難所などで提供する非常食の味や栄養バランスを改善する研究に取り組む動きが全国の大学などに広がっている。試作品の中には評判上々の非常食もある。災害時の食生活向上を目指す「日本災害食学会」が発足、初めての研究発表会が14日東京都内で開かれた。単調な食事が続いたため被災者の不満が高まった東日本大震災の経験が教訓だ。

「災害時に心が和む」「非常食の概念が変わった」。山形大学生活協同組合は今年5~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り803文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン