/

司法試験、2049人が合格 合格率は26.8%

司法試験の合格発表を見る受験生ら(10日、東京・霞が関)

法務省は10日、2013年の司法試験に2049人が合格したと発表した。昨年より53人減り、合格率は26.8%だった。一方、法科大学院を修了しなくても受験資格を得られる予備試験を経由した受験者は120人が合格、合格率は71.9%に達した。

弁護士の深刻な就職難などを受け、政府は02年に閣議決定した「合格者を3千人程度」とする目標を今年7月に撤回。司法制度改革で掲げた「質・量ともに豊かな法曹の養成」の実現とは裏腹に、合格者数は伸び悩みが続いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン