糖尿病の悪玉物質特定 京都府立医大、新薬開発に道

2014/2/11付
保存
共有
印刷
その他

糖尿病を発症、進行させるタンパク質を京都府立医大の的場聖明助教(循環器内科)のチームがマウスを使い特定し、10日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。チームは、このタンパク質の働きを抑える物質を糖尿病のマウスに投与して、症状を抑え、改善させており、「新薬開発に役立つと期待される」としている。

糖尿病は膵臓(すいぞう)のベータ細胞の働きが低下し、血糖値を下げるインスリンが出なくなるのが原因の一…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]