/

この記事は会員限定です

尖閣映像流出、神戸の海上保安官を聴取 守秘義務違反容疑

[有料会員限定]
鈴木海上保安庁長官は衆院予算委で「職員が映像を流出させた」と答弁した

鈴木海上保安庁長官は衆院予算委で「職員が映像を流出させた」と答弁した

尖閣諸島沖の中国漁船衝突を撮影したビデオ映像が流出した事件で、第5管区海上保安本部(神戸市)の男性海上保安官が上司に「自分が映像を流した」という趣旨の発言をしていることが10日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は同日、国家公務員法(守秘義務)違反などの疑いでこの海上保安官から事情聴取を始めた。東京地検と連携し、逮捕も視野に入れ、全容解明を急ぐ。

海上保安庁の鈴木久泰長官は10日午後の衆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン