/

大王製紙前会長に懲役4年の実刑判決 東京地裁

(更新)

大王製紙前会長の巨額借り入れ事件で、子会社7社から約55億3千万円を無担保で借り入れ損害を与えたとして、会社法の特別背任罪に問われた前会長、井川意高被告(48)の判決公判が10日、東京地裁であった。堀田真哉裁判長は「公私の別をわきまえず、子会社の資金繰りが逼迫するなど深刻な影響が生じた。厳しい非難を免れない」と述べ、懲役4年(求刑懲役6年)を言い渡した。

前会長側は判決を不服として即日控訴した。

判決によると、井川前会長は海外のカジノでつくった負債を、自身が代表取締役を兼務していた連結子会社7社の資金で返済しようと計画。昨年3~9月、本人やカジノ関連会社名義の銀行口座に15回にわたり計55億3千万円を振り込ませ、7社に損害を与えた。

公判で前会長は起訴内容を全面的に認めて謝罪し、弁護側は「既に借入金全額を返済しており、社会的制裁も受けている」として執行猶予付きの判決を求めていた。

前会長は創業者、故伊勢吉氏の孫で、2代目社長の高雄氏の長男。2007年に社長、11年6月に会長に就任し、同年9月に巨額借り入れが表面化し引責辞任した。事件後、大王製紙では経営陣と創業家側との対立が深まり今年8月、北越紀州製紙が創業家の持つ大王株を取得した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン