/

この記事は会員限定です

ブラジルの治安守るKOBAN 日本が全土拡大に協力

[有料会員限定]

【サンパウロ=鱸正人】サッカーワールドカップ(W杯)開幕を控えるブラジルで、治安対策の一環として日本の交番制度が定着しつつある。導入されて10年以上。日本の警察庁と国際協力機構(JICA)が協力し、巡回や戸別訪問などの日本流を伝授。殺人事件の減少や非行防止に効果が出ているという。最近も日本の警察官が現地を訪れるなど、ブラジル全土への拡大に向け両国の協力が続いている。

最大都市サンパウロ市郊外のジャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン