/

英判事「サムスン格好良くない」 アップル訴え認めず

特許侵害訴訟

【ロンドン=共同】タブレット型多機能端末のデザインをめぐり、米アップルが韓国サムスン電子を特許侵害で訴えていた訴訟で、英高等法院の判事は9日、「サムスンの商品はアップルほど格好良くない」として訴えを退けた。ロイター通信が報じた。

デザインの優劣を理由に特許侵害を判断する判決は珍しいとみられる。サムスンは「当社の知的財産を認めるものだ」と歓迎しているが、自社の製品のデザインが見劣りすると公に「認定」されたも同然で、複雑な判定となった。

争点となったのは、アップルのiPad(アイパッド)とサムスンのギャラクシータブの類似性。判決は「前から見ると同じ系列に見えるが、サムスンのデザインにはアップルが持つ控えめで、徹底したシンプルさはなく、アップルほどクール(格好良い)ではない」と理由を説明した。

タブレットや高機能携帯電話(スマートフォン)の特許をめぐって、アップルとサムスンは各国でお互いを訴える訴訟合戦になっている。6月末には米カリフォルニア州の連邦地裁が一部サムスン製品の販売差し止めを認めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン