2019年8月25日(日)

逮捕の男、容疑を否認 パソコン遠隔操作事件

2013/2/10付
保存
共有
印刷
その他

パソコンの遠隔操作事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、昨年8月にインターネット掲示板に大量殺人予告を書き込んだとして、東京都江東区白河4、IT関連会社社員、片山祐輔容疑者(30)を威力業務妨害容疑で逮捕した。捜査本部によると、片山容疑者は「全く事実ではありません」と容疑を否認しているという。

4都府県警が誤認逮捕に至った事件は発覚から約4カ月。捜査本部は遠隔操作事件の全容解明を目指す。

逮捕容疑は昨年8月9日午前10時40分ごろ、ウイルスに感染した愛知県の会社のパソコンを遠隔操作し、ネット掲示板に「(イベントで)大量殺人する」「無差別で刺す」などと書き込み、イベント主催者の業務を妨害した疑い。

捜査関係者によると、1月5日に真犯人が報道機関などに宛てたメールの内容に基づき、捜査本部は江の島(神奈川県藤沢市)で猫の首輪に巻いたSDカードを回収した。男性4人の誤認逮捕につながったウイルス「iesys.exe」のプログラムが見つかった。

猫に近づく不審な男の姿が防犯カメラに映っており、捜査本部はこの映像などを基に、片山容疑者が猫の首輪にSDカードを取り付けたと特定した。

SDカードを解析した結果、「以前事件に巻き込まれたせいで、無実にもかかわらず人生の大幅な軌道修正をさせられた」との文書ファイルが示されており、捜査本部は、犯行の動機につながる可能性もあるとみて慎重に調べる。

遠隔操作事件では昨年6~9月、自治体や幼稚園のホームページなどに遠隔操作で襲撃予告のメールが送られ、警視庁や、大阪など4都府県警がパソコン所有者の男性4人を誤認逮捕した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。