/

124万人が新成人、各地で式典 「責任感持ちたい」

「成人の日」を迎えた10日、各地で新成人を祝う式典やイベントが催された。大人の仲間入りを果たす記念日に、訪れた若者は「より責任感を持って行動したい」「これから自分の夢を見付けたい」などと決意を口にしていた。

総務省の推計によると、1990年生まれの新成人は前年より約3万人少ない約124万人で、4年連続で過去最少を更新。総人口に占める割合は、前年比0.03ポイント減の0.97%で、初めて1%を割り込んだ。

東京スカイツリーが建設中の東京都墨田区では、「すみだトリフォニーホール」で「成人を祝うつどい」が開かれ、新成人約1000人が出席。会場周辺では、華やかな振り袖や羽織はかま、スーツなどに身を包み、友人との再会を喜ぶ若者の輪があちこちにできた。

式典で、山崎昇区長が「成人式は新たなスタート。みなさんには多くの可能性がある。両親や地域の方への感謝を忘れず頑張ってほしい」などと祝辞。式典実行委員長の新成人、竹下雄貴さんは「成人になることで責任と自覚が生まれる。将来は日本を引っ張るような大人になりたい」などとあいさつした。

都内の私大2年、小宅菜摘さんは「社会に出れば周りはいつまでも守ってくれない。自分の夢を持ち、責任感がある大人になりたい」と抱負を話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン