/

この記事は会員限定です

規制委とのテレビ会議、接続2時間遅らす 東北電

4日の震度5弱 「社内の情報収集が阻害される」

[有料会員限定]

4日に発生した地震で東北電力女川原子力発電所(宮城県)が震度5弱の揺れに見舞われた際、東北電力と原子力規制委員会を結ぶテレビ会議システムが、地震発生から約2時間にわたって接続されていなかったことが9日までに分かった。東北電力が「社内の情報収集が阻害される」と判断し、原発の状況を確認して報告がまとまるまで規制委との接続を遅らせたという。

地震発生直後のテレビ会議システムの接続は義務化されてはいない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン