/

「安愚楽牧場」報告放置で提訴、弁護団が文書開示請求

経営破綻した「安愚楽牧場」(栃木県)からの報告を消費者庁が放置していた問題で、被害弁護団が9日、関連文書の全面開示を求める訴訟を東京地裁に起こした。

訴状によると、弁護団は担当課長らの処分に関して情報公開請求をしたが、消費者庁は今年6月、安愚楽からの連絡内容など重要な部分について「業務に支障が出る」として、不開示にした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン