/

iPod巡る特許権訴訟、原告の男性側も控訴

米アップルの携帯音楽プレーヤー「iPod」を巡る特許権訴訟で、原告の日本人男性側は9日、アップルの賠償額を約3億3千万円とした東京地裁判決を不服として控訴した。男性は100億円を請求していた。9月26日の判決はiPodの円形スイッチに使われている技術が、男性が持つ特許の技術的範囲に属すると判断した。アップルも既に控訴している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン