ソフトバンク携帯顧客情報漏洩、別の代理店元社員を逮捕 愛知県警

2012/8/10付
保存
共有
印刷
その他

携帯電話大手ソフトバンクモバイルの顧客情報漏洩事件で、愛知県警は9日、契約者3人の住所などの個人情報を探偵業者に漏らしたとして、同社代理店の元社員、巨海美咲容疑者(21)=香川県丸亀市綾歌町=を不正競争防止法違反(営業秘密侵害)容疑で逮捕した。「小遣い欲しさで誘いに乗った」と容疑を認めているという。

巨海容疑者に漏洩を依頼した広島市安佐南区相田1、探偵業、平田一雄容疑者(36)=同法違反罪で起訴=も同法違反容疑で再逮捕した。

巨海容疑者の逮捕容疑は昨年5~7月、関東から東海地方に住む20~50代の女性3人の住所や自宅の電話番号などを、携帯電話のメールで平田容疑者に送った疑い。

捜査関係者によると、巨海容疑者は2010年4月から昨年8月まで香川県のソフトバンク販売店などに勤務。平田容疑者とは知人を通じて昨年1月ごろに知り合い、同年8月まで漏洩を続けていたとみられる。巨海容疑者は平田容疑者から1件5千円を受け取り、平田容疑者は1件1万数千円で情報を転売していたという。

平田容疑者は7月に別の契約者情報漏洩を巡り、ソフトバンク販売店元店長の横田太佑被告(33)=同=とともに起訴された。巨海容疑者は横田被告の「後任」という。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]