/

迢空賞に坂井修一氏

優れた歌集に贈られる第44回迢空(ちょうくう)賞(角川文化振興財団主催)は9日、坂井修一氏(51)の「望楼の春」(角川書店)に決まった。賞金100万円。贈呈式は6月18日、東京・丸の内の東京会館で。

坂井氏は茨城県つくばみらい市在住で、歌誌「かりん」会員。情報工学の研究者で東京大学教授でもある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン