/

正社員・課長の割合、理系が文系上回る 京大など調査

大学の理系学部出身者は文系に比べて正規社員の割合が高く、課長以上の比率も高いとの調査結果を9日、京都大、慶応大などの研究グループが公表した。

調査した京大の西村和雄特任教授は「文系の方が好待遇だというイメージがあり、理系離れが進んだが、高い専門性を持つ理系が有利だとはっきりした」と話している。

調査は1月、無作為抽出して面接した全国の20歳以上の約3500人のうち、所得があった大卒以上の673人について分析した。

調査結果によると、理系は正規社員が82%で非正規が17%だったが、文系はそれぞれ60%と38%で大きな差があった。

正規社員で課長以上の役職の人は、理系が全体のうちの35%だったのに対し、文系は20%。経営者の割合も理系2%、文系1%だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン