/

キネマ旬報、初の映画館 来春開業

日本を代表する映画雑誌「キネマ旬報」を発行するキネマ旬報社は9日、貸会議室業のティーケーピー(東京)と業務提携し、映画館の運営事業に参入すると発表した。

キネマ旬報社の映画館運営は初めて。今年3月に閉館した千葉県柏市の映画館をティーケーピーが賃借し、キネマ旬報社が運営を受託する。

劇場は最大3スクリーンで、来春オープン予定。雑誌などと連動して新作や過去の名作を上映する。他の劇場運営や映画の上映会なども今後検討するという。

各地の中小劇場は、設備のデジタル化を迫られるなどして閉館が目立つが、キネマ旬報社は「新たな劇場で多様な映画を見てもらい、映画文化に寄与したい。読者のニーズに応えることにもなる」としている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン