2019年9月16日(月)

過積載、2倍以上は即告発 国交省が方針

2014/5/9付
保存
共有
印刷
その他

国土交通省は、トラックやトレーラーが重量制限の2倍以上の過積載をしていた場合、発見し次第、運送会社を即座に刑事告発する方針を固めた。過積載は道路や橋を傷め、インフラの老朽化を加速させる要因。トラックの車軸にかかる重さが2倍になった場合、道路の損傷は約4000倍にもなるという。

同省の徳山日出男道路局長は9日、全日本トラック協会の福本秀爾理事長に過積載対策への協力を求める要請文を手渡した。徳山局長は「一部業者の過積載が国民の財産である道路をかなり傷めている」と指摘した。

道路法はトラックなどの総重量(車両、積載物、乗員)を原則20トン以下に制限している。同省は、全国で定期的に取り締まりを実施。これまでは過積載の運送会社を是正指導し、繰り返した場合のみ、警察に通報していた。刑事告発に至る例はなかったという。

今後は、重量制限の2倍以上の過積載をしているトラックなどを発見すれば、運送会社を道路法違反で即時告発する。重量超過が2倍未満のケースは、従来通り、是正指導し、常習的な違反があれば告発する。

同省は同法を改正し、6月からは資料の提出や検査を拒否した業者も告発対象とする。

一方、同省は違反のない優良な会社には、大型トレーラーなど特殊車両の使用許可期間を延長する規制緩和を検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。