2019年1月23日(水)

懸賞のヒラメで110人が食中毒 伊予銀の定期預金

2010/10/10付
保存
共有
印刷
その他

愛媛県は9日、伊予銀行(松山市)が懸賞品として預金者に送ったヒラメを食べた4県の110人が下痢や嘔吐(おうと)などの食中毒症状を訴えたと発表した。いずれも軽症。

県や同行によると、ヒラメは「懸賞品付き定期預金」の預金者に抽選で送った品の一つ。県内で水揚げされ、1匹分を生のまま切り分けた真空パック209セットを10月4、5日に発送した。県の調査で、195セットを512人が食べ、うち67セットを食べた110人に症状があったことが判明した。

同行の森田浩治頭取は「ご心配とご迷惑をお掛けし心からおわびする」とコメントした。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報