/

パチンコ大手「ガイア」、所得隠し40億円 10億円追徴課税

パチンコチェーン大手「ガイア」(東京・中央)とグループ企業計約20社が東京国税局の税務調査を受け、経費を過大計上したとして数年間で計約40億円の所得隠しを指摘されたことが9日、分かった。重加算税を含めた追徴税額は約10億円に上るとみられる。

関係者によると、同社グループは、従業員の給料を水増し計上したり、役員の個人的支出を経費に含めたりしていたなどと認定されたという。国税局は仮装・隠蔽を伴う悪質な所得隠しに当たると判断したもようだ。

同社は「担当者がおらずコメントできない」としている。民間信用調査会社によると、同社は1984年設立で、2011年5月期の売上高は3544億円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン