/

この記事は会員限定です

FX所得、1億円脱税容疑 海外移住の役員逮捕へ

日本在住時に利益

[有料会員限定]

外国為替証拠金(FX)取引で得た所得3億円余りを申告せず、約1億円を脱税したとして、静岡地検は9日、所得税法違反(脱税)容疑でシンガポール在住の30代の会社役員の男の取り調べを始めた。すでに逮捕状をとっており、容疑が固まり次第、同日中に逮捕する。役員は日本在住時にFX取引を行い、利益を申告しないままシンガポールに移住していた。

関係者によると、役員は静岡県伊豆の国市に居住していた2009~10年、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン