/

この記事は会員限定です

新型出生前診断受診の妊婦に高いストレス 名古屋市大が調査

[有料会員限定]

昨年4月に始まった新型出生前診断(NIPT)を受診した妊婦の9.1%が、受診後に高いストレスを感じていたことが、名古屋市立大大学院医学研究科の鈴森伸宏准教授の調査で分かった。NIPTを受けない一般の妊婦より2.6ポイント高かった。調査結果は近く英医学専門誌で公表する。

調査結果への不安のほか、NIPTの是非を問う声があり受診に後ろめたさを感じていることも原因とみられ、鈴森准教授は「支援体制の充実が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン