2019年3月25日(月)

野菜などの健康的食生活、自殺防ぐ 国際医療センターなど調査

2013/12/9付
保存
共有
印刷
その他

国立国際医療研究センターや国立がん研究センターなどは9日、野菜や大豆、海草、キノコなどを中心にした健康的な食生活をする人は、そうでない人に比べて自殺のリスクが半減するとの調査結果を発表した。

40~69歳の男女9万人を対象に約8年半かけて追跡した。

対象者に普段の食事をアンケートし、野菜や大豆などの「健康型」、肉やパンを中心とする「欧米型」、ご飯やみそ汁といった「日本食(伝統型)」3つのパターンに分類。病歴など食事以外の影響も考慮しながら、自殺との関連を調べた。

野菜や果物、イモ、キノコ、大豆、海草、魚などを多く食べて緑茶をよく飲むグループは少ない人たちに比べて、自殺するリスクが男性で47%、女性で46%に下がった。欧米型や日本食でも同様の分析をしたが、こうした差はなかった。

健康型の食事には、葉酸やビタミンCなどが多く含まれる。こうした栄養素は鬱病を予防する効果があるとされ、自殺を減らした可能性があるとみている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報