/

地方発の宇宙食を JAXAが開発呼び掛け

新しい宇宙食を作ってくれませんか――。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の担当者が各地で呼び掛けている。

焼きそばパン、筑前煮、天ぷら、ホウレンソウのごまあえ、わさびやしょうゆといった調味料まで。JAXAの「宇宙日本食の食品候補」のリストに掲載された合計は、100品目を超える。

宇宙食には常温で1年半以上品質が変わらない保存性や、無重力下で飛び散らないようとろみを付けることなどが求められる。米ロが開発した約300品目が基本になっているが、各国独自の宇宙食も持ち込み可能だ。

JAXAは2007年に宇宙食認証制度を始め、日本で開発された宇宙食はラーメンやサバのみそ煮など現在28品目。最近は新たな挑戦はほとんどなく、撤退する企業も出ている。

そこで考えたのが地方での呼び掛け。盛岡市や鹿児島市など全国6市で7月以降説明会を実施した。長野市の製麺会社幹部は「長野名物のそばで挑戦したい」。別会社の担当者も「煮物や豚汁なら可能性はある」と意欲を見せた。

JAXA産業連携センターの三保和之グループ長は「全国の道の駅では独自のレトルト食品や缶詰がたくさん売られている。少しの工夫で宇宙食になるかも」と期待を込める。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン