下半身露出の警部補を逮捕 東京、公然わいせつ容疑

2012/4/9付
保存
共有
印刷
その他

東京都武蔵野市内のマンションの廊下で下半身を露出したとして、警視庁は9日までに、同市境南町1、警視庁交通総務課警部補、塚田和哉容疑者(37)を公然わいせつ容疑で逮捕した。同庁によると、塚田容疑者は「数件やった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は3月11日午後6時45分ごろ、武蔵野市内のマンションの廊下で、帰宅途中だった高校1年の女子生徒(16)に下半身を露出した疑い。

同庁によると、塚田容疑者はセーラー服とかつらで女装し、女子高生に「見てください」と言って下半身を見せた。同市や府中市などでは昨年10月以降、同様の事件が数件発生。警戒中の警察官がJR武蔵境駅近くでセーラー服姿の同容疑者を発見し、職務質問したところ容疑を認めた。

警視庁の池田克史警務部参事官は「捜査を徹底し、厳正に対処したい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]