大衆薬のネット販売訴訟、国が上告へ

2012/5/9付
保存
共有
印刷
その他

インターネット通販2社が国を相手に一般用医薬品(大衆薬)のネット販売権確認を求めた訴訟で、国は9日までに、2社に販売権を認めた東京高裁判決を不服として上告する方針を固めた。

東京高裁は4月26日、「改正薬事法には医薬品のネット販売を直接禁止・制限する規定はない」などとして、厚生労働省がネット販売を省令で規制したのは違法と判断。販売権を認めなかった一審・東京地裁判決を取り消し、原告の逆転勝訴の判決を言い渡した。

訴えていたのは、医薬品・健康食品のネット通販会社「ケンコーコム」(東京・港)と「ウェルネット」(横浜市)。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]