2019年5月23日(木)

天文台教授殺害は強盗の可能性 チリ警察が捜査

2012/5/9付
保存
共有
印刷
その他

【リオデジャネイロ=共同】南米チリの首都サンティアゴで国立天文台(東京)教授の森田耕一郎さん(58)が死亡し、地元警察が他殺とみて捜査している事件で、警察は8日、強盗に襲われた可能性があるとして、奪われた金品の有無などについて捜査を続けた。地元メディアによると、森田さんが普段持ち歩いていた財布と携帯電話がなくなっていたという。

森田さんは頭部を強く打っており、傷があったほか脳内出血もあったことから、警察は殺害されたとみて捜査。一方、検察当局者は同日「医師の検視結果を待って、殺人かどうか最終判断する」と述べた。

森田さんが倒れたのは7日午前2時ごろ。地元メディアによると、森田さんが倒れる前によろめきながら歩き、叫び声やうめき声を上げていたとの証言がある。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報