/

「職人たちの親方、頼もしい経営者」映画評論家・佐藤氏

日本映画大学長で映画評論家、佐藤忠男氏の話 テレビの普及で日本映画界の収入や入場者数が最盛期から大きく落ち込み一番の経営困難に陥った1960~70年代を任侠路線で乗り切り、映画界を支えた。戦後間もなくの映画界で一番小さな会社の見習いプロデューサーからたたき上げ、会社を大きく育て上げた。

体育会系の熱血漢で、職人たちの親方という態度だった。どんな相手でも経営者としての考え方を本気で論争し、映画界の在り方について自分の見解を大局的、率直に話す頼もしい経営者だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン