/

岡田茂・東映名誉会長が死去

(更新)

時代劇や任侠(にんきょう)映画で数々のヒット作品を生み出した東映の名誉会長、岡田茂(おかだ・しげる)氏が9日午前5時55分、肺炎のため、東京都内の病院で死去した。87歳だった。連絡先は同社総務部。社葬は11日午前11時から東京・青山葬儀所。喪主は妻、彰子(あやこ)さん。

1947年、当時の東横映画(現東映)に入社。プロデューサーとして太平洋戦争に出陣した学生の悲劇を描いた「日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声」の大ヒットで注目を集めた。その後、「笛吹童子」などで「時代劇の東映」の名声を確立。

テレビの普及などで時代劇に陰りが見え始めると、「任侠映画」の路線を打ち出し「人生劇場 飛車角」「網走番外地」や「仁義なき戦い」のシリーズなどで観客の支持を集めた。

東映の京都撮影所長、東京撮影所長など、現場に長く身を置いた後、71年から93年まで社長、その後、会長、相談役に就任し、2006年に名誉会長。日本映画製作者連盟会長などを務めた。

長男は東映社長の裕介(ゆうすけ、本名・剛=つよし)氏。

02年9月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン