2019年1月20日(日)

避難生活、なお31万人超 東日本大震災から2年
福島、除染遅れ帰還進まず

2013/3/10付
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災から11日で2年。政府は復興の加速を急ぐが、仮設住宅などで避難生活を送る人はなお約31万5千人にのぼり、この1年で2万8739人の減少にとどまった。特に、東京電力福島第1原子力発電所事故の影響で福島県から県外へ避難した人はなお5万7135人。放射性物質の除染は遅れ、住民帰還は進んでいない。

雪に包まれた仮設住宅。原発事故で避難した福島県大熊町の住民らが暮らす(10日、同県会津若松市)=共同

雪に包まれた仮設住宅。原発事故で避難した福島県大熊町の住民らが暮らす(10日、同県会津若松市)=共同

死者・行方不明者は、被災後に体調を崩した震災関連死を含めて2万人超。県外避難は宮城からは7981人、岩手からは1627人にのぼり、沿岸部では人口が20%以上減った自治体もある。

国直轄で除染する福島第1原発周辺11市町村のうち、本格的に着手したのは4市町村。進捗率は住宅地で楢葉町は24%、飯舘村は1%だけだ。

11日は政府主催の追悼式が国立劇場(東京・千代田)で開かれる。各地でもマグニチュード9.0の巨大地震が発生した午後2時46分を中心に追悼行事が行われる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報