/

東京・府中刑務所の看守、受刑者に覚醒剤渡す

所持容疑で逮捕

府中刑務所(東京都府中市)の看守が受刑者に頼まれて覚醒剤を入手し渡したとして、警視庁組織犯罪対策5課は8日までに、同刑務所の看守、野殿浩幹容疑者(31)と受刑者、有木健太容疑者(32)を覚せい剤取締法違反容疑(所持など)で逮捕した。同課によると、2人は容疑を認めている。

野殿容疑者は2006年に府中刑務所に配属され、主に独房の看守や施設の警備を担当していた。同容疑者は「有木容疑者に頼まれて覚醒剤を購入し、渡した」と供述しているという。同課は野殿容疑者が有木容疑者に日常的に不正な便宜を図っていた可能性もあるとみて動機を調べる。

同課によると、野殿容疑者は今年2月下旬ごろ、当時担当していた有木容疑者から「覚醒剤を買ってきてほしい」と依頼され、関西方面で覚醒剤を購入。覚醒剤を受け取った有木容疑者は独房内で使用した。残った覚醒剤や注射針は野殿容疑者が回収し、自宅に持ち帰っていた。

野殿容疑者の逮捕容疑は3月6日午後10時ごろ、上司に付き添われて出頭した警視庁府中署内で覚醒剤約0.36グラムを所持した疑い。有木容疑者の逮捕容疑は2月下旬~3月7日ごろの間、府中刑務所内で微量の覚醒剤を使用した疑い。

刑務官らが受刑者らからの金品の提供や脅迫を受け、金品などの便宜を図った不祥事は過去にも度々発覚している。

09年10月、名古屋刑務所の看守が男性受刑者の依頼に応じ、手紙のやりとりの仲介や携帯電話を貸与した見返りに、航空券を受け取るなどしていたことが発覚。同刑務所は看守を懲戒免職処分とした。

同年7月には高知地検が受刑者の知人を介して現金70万円を受け取った収賄容疑で刑務官の男を逮捕した。

07年には大阪拘置所と大阪刑務所で現金などの賄賂を受け取った見返りに受刑者らに便宜を図った看守が収賄容疑で相次いで逮捕された。大阪拘置所の事件では、暴力団組長の求めに応じて監視カメラのない部屋に変更するなどの便宜を図っていたとされる。

横尾邦彦・府中刑務所長の話 捜査中の事案であり、詳細は把握していないが、事実であれば断じて許されない行為。今後の捜査や当所の調査結果を踏まえ、厳正に対処する。

西田博・法務省矯正局長の話 捜査に協力し、矯正局としても全容解明に努め、不適正な処遇の防止を図る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン