90代母、60代娘死亡後に餓死か 立川2女性死亡

2012/3/8付
保存
共有
印刷
その他

東京都立川市の都営アパートで死亡しているのが見つかった女性2人のうち、90代の母親とみられる女性は栄養失調により餓死した可能性が高いことが8日、警視庁立川署への取材で分かった。同署は、介護をしていた60代の娘が先に病死し、母親は食事を取れずに死亡したとみている。

同署によると、司法解剖の結果、2人は死後1カ月前後とみられることが判明。死因は特定できなかったが、母親とみられる女性は死亡時に低栄養状態だったという。

立川市によると、母親と娘は2人暮らしで、娘が母親を介護していた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]