2019年1月17日(木)

JR信越線、廃線区間11キロで架線など盗難 被害100万円超

2013/5/9付
保存
共有
印刷
その他

長野新幹線開業に伴い1997年に廃線となったJR信越線の横川(群馬県安中市)―軽井沢(長野県軽井沢町)間で、上下線合わせて約11キロにわたり架線の銅線や通信ケーブルが切断され、盗まれていたことが8日、分かった。

被害額は100万円を超すとみられ、廃線を所有、管理する安中市は安中署に被害届を出す。

市によると、両駅間にある複数のトンネル内などから盗まれており、碓氷峠交流記念財団の職員が4月下旬、除草作業のために訪れて見つけた。

小林史夫安中市商工観光課長(59)は「大切な鉄道遺産が盗まれて残念」とコメントした。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報