/

認知症事故訴訟、JR東海が上告

愛知県大府市で2007年、徘徊(はいかい)中に電車にはねられ、死亡した認知症患者の男性(当時91)の家族に、JR東海が列車遅延などの損害賠償を求めた訴訟で、同社は8日、男性の妻に約360万円の支払いを命じた二審・名古屋高裁判決を不服として上告した。家族側は上告期限の12日までに対応を決めるとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン