/

17歳孫を検察官送致 埼玉の夫婦殺害でさいたま家裁

埼玉県川口市のアパートで3月、無職、小沢正明さん(73)と妻の千枝子さん(77)が刺殺された事件で、さいたま家裁は9日までに、強盗殺人と窃盗の疑いで送致された孫の少年(17)を検察官送致(逆送)とする決定をした。

強盗殺人罪で少年が起訴されれば、裁判員裁判の対象となる。家裁は決定理由を明らかにしていない。

さいたま地検が6月、アパートの一室で夫婦を刃物で刺して失血死させ、キャッシュカードなどを奪った疑いで少年を家裁送致していた。

事件をめぐっては、少年の母親で夫婦の次女(41)が、強盗と窃盗罪で起訴され、公判が始まっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン