/

安愚楽牧場、破産手続きへ 民事再生を断念

資金繰り逼迫で

和牛オーナー制度が行き詰まって経営破綻した安愚楽牧場(栃木県)について、東京地裁(鹿子木康裁判長)は8日、民事再生手続きを廃止する決定をした。資金繰りの逼迫で牛が大量死する恐れがあり、一定の時間がかかる再生手続きを続けるのは困難と判断した。今後、破産手続きに移行する見通しだ。

安愚楽牧場には今月4日、同地裁が管財人による管理を命令。管財人に就いた渡辺顕弁護士が牧場の資産を調べたところ、資金繰りが逼迫し、牛の餌代にも困る状況が判明。このため渡辺弁護士が地裁に民事再生手続きの廃止を求めた。1カ月の異議申立期間を経て、破産手続きに移行する。

渡辺弁護士は8日、記者会見し「民事再生手続きは集団和解の側面があるが、今回は7万人もの債権者がおり、合意形成は至難の業。冬を前に牛の大量餓死の恐れもあり、破産手続きの方が迅速で望ましいと判断した」と述べた。

被害対策弁護団の紀藤正樹弁護士も記者会見し「本来破産処理されるべき事案だった。事態は深刻で詐欺の疑いも強く、経営陣などの刑事責任追及も検討していく」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン