2017年11月21日(火)

将棋王座戦、9日に第1局

2010/9/9付
保存
共有
印刷
その他

 19連覇を目指す羽生善治王座(39)に藤井猛九段(39)が挑む第58期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)の五番勝負第1局が、9日朝から東京都千代田区のグランドプリンスホテル赤坂・弁慶橋清水で指される。持ち時間は各5時間。立会人は大内延介九段。

 羽生王座は今期、あわせ持つ名人、棋聖のタイトルをいずれもストレートで防衛。10月に開幕する竜王戦の挑戦権も獲得した。前期の王座戦では5期連続となる3連勝での防衛を果たし、18連覇を達成。今期も自身が持つ同一タイトル連覇記録の更新を目指す。

 挑戦者の藤井九段は、竜王獲得3期の実績を誇る振り飛車の大家。四間飛車戦法「藤井システム」の考案者で、独創的な序盤戦術を武器とする。王座戦は2000年以来、10年ぶり2度目の挑戦となる。

 9日午後6時から東京・大手町の日経本社ビル2階「SPACE NIO」で大盤解説会を開きます。解説は渡辺明竜王、聞き手は上田初美女流二段。入場は無料。対局の模様は「将棋王国」(http://hobby.nikkei.co.jp/)でライブ中継します。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報