/

この記事は会員限定です

ストーカー、すぐ相談を 報復恐れ被害届ためらう人多く

[有料会員限定]

東京都三鷹市で昨年10月に起きた女子高校生刺殺事件を受け、警察が昨年末にストーカー対策を強化して以降もストーカー行為からの殺人事件などが後を絶たない。危険な兆候があれば積極的に逮捕する方針を打ち出したが、報復を恐れるなどの理由から被害届の提出をためらう人が多いという。

「このままだと危険が及ぶかもしれない。直ちに被害届を出した方がいい」。東京都内のある警察署の一室。3年前に離婚した元夫によるストー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン