/

コースターに挟まれ男性死亡 福島で点検作業員

8日午後2時ごろ、福島県郡山市安積町成田の「郡山カルチャーパーク」のジェットコースターで、保守点検作業をしていた団体職員、兼子政広さん(48)が、走ってきたコースターと軌道の間に挟まれ、出血性ショックで死亡した。

郡山署によると、兼子さんはコースターの出発地点から約50メートル進んだ上りの場所で見つかった。事故が起きた時は通常通り営業運転しており、コースターには小学生3人が乗っていたが、けがはなかった。

郡山署は、運転担当の女性職員が、軌道上にいた兼子さんに気付かず発車ボタンを押した可能性があるとみて事情を聴き、兼子さんが点検をしていた理由も調べている。

郡山カルチャーパークは遊園地やプール、体育館などがある施設で、郡山市観光交流振興公社が運営。2004年8月にも、ジェットコースターの試運転中に作業員が転落死する事故があった。

公社代表理事の渡辺保元副市長は「今後このような事故が発生しないよう安全管理に努める」とのコメントを出した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン